不動産の評価を下げる事による相続対策

NO IMAGE

不動産を使った相続税対策というのがいくらかあります。あるいは不動産を相続しなければならないような状況において行う相続税対策となるわけです。考え方としてあるのが評価を下げて相続税を減らすということです。

言い方は悪いのですがマイナスの財産を作ることによって相続税というのは減らすことができるようになっています。相続税の改正によって配偶者居住権というのが明確に認められるようになりました。配偶者が相続開始時に被相続人が所有する建物に居住していたときに、無償で使用することがそのままで生きる権利ということですね。

これはこれは評価額を低く抑えることができるようになる、ということでもあり、そのぶんの相続税というのはされることが可能になります。つまりは、多少語弊がある言い方ではありますが、要するに母親などが済んでいる家屋あるいは相続税が高い住居に関しては住んでもらうことによって評価額を下げて税金対策することが出来るわけです。

未分類カテゴリの最新記事