叔父に感化された叔母と遺産トラブル

NO IMAGE

祖母は生前母と叔母にそれぞれ本人たち名義で作ってあった通帳にお金を同じ額だけいれていました。自分の死後喧嘩等もなく分割できるようにとの配慮だったのだと思います。

祖母は認知症を10年かけて患ったことにより私たち家族は祖母の介護のためにあれこれとすることになりました。介護の際には精神的なストレスが凄まじく、母はだいぶ消耗しました。しかし祖母が亡くなったあと、母たち姉妹が出した答えは折半でした。

介護に見合うだけの額を請求することもなく、かといって祖母宅を売りに出してさっぱりとすることもなく分割で遺産を払い込み続けています。ところが、それに異を唱えたのが叔父でした。叔父は祖母宅を相続する気はないからまとまった額の遺産をよこせと言い出したのです。叔母の話と違うので叔母に連絡を取ったりしましたが、叔母は叔父に感化されたらしく、以前した話し合いとは全然違う話をし始めました。祖母には不動産があったのですが、そちらが高く売れるだろうからそちらの分を現金でよこせと言い出したのです。

これには姉妹のことだからとあまり口を出さなかった父も出てきて叔父に猛抗議しました。介護もろくに手伝わずに口だけだして引っ掻き回すんじゃないと怒鳴り散らしていました。とりあえずこれまでの分割振り込みが続いていますが、また揉めないかと憂鬱です。

投稿カテゴリの最新記事